FC2ブログ

umiとsora・・・

海の上を漂いながら思ったこと 空を見上げて思ったこと 人生を漂いながら思ったこと 自然や音楽について思ったことなど・・・。

03<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>05

北岳、間ノ岳

2016年10月19日、20日
一泊二日で南アルプスの北岳、間ノ岳に登ってきました。

PA190046_convert_20161021165836.jpg
交通規制のため一般車が入れるのは、芦安温泉まで。

ここで入山届を出して、ここからはバスか乗合タクシーで登山口まで上げてもらいます。

車中泊していた駐車場で、早めに起きて準備していたら、事前に調べていた時間より30分早くタクシーが出発することが分かり、そのタクシーに乗ることができました。
山に入る時は、特に今日は1700m以上の標高差を登るので、少しでも早く出発できるのは嬉しい。



PA190047_convert_20161021165929.jpg
登山口の広河原

北岳に陽が当たっている。



PA190048_convert_20161021165959.jpg
この橋を渡るといよいよ北岳登山です。



IMG_1942_convert_20161021165529.jpg
半分近く登ってきました。

北岳バットレスと呼ばれる岩稜を仰ぎ見ながら、急登が激しくなってきました。
足元見たり上見たり、落石要注意地点を無事通過しました。



IMG_1951_convert_20161021165612.jpg
北岳3,193m
富士山に次いで日本第2位の高峰


IMG_1954_convert_20161021165703.jpg
13時半に山小屋着
予定よりだいぶ早く着きました。

北岳山荘からの富士山

1日目は、雲が多くてなかなか富士山も周りの山も見えませんでした。
明日は、どうなるのでしょう?
と思いながら眠りにつく頃から、外では強風が吹き荒れてました。
岩稜を歩く時に吹き飛ばされないか?と小心者はなかなか眠れないなあと思いつつ、よく歩いた後なのでいつの間にか眠っていました。




PA200108_convert_20161021170022.jpg
心配をよそに、翌朝は好天!!!

これを見たくて来たんです!!!

期待以上の絶景です。



PA190097_convert_20161021172007.jpg
北岳山荘から、間ノ岳方面。

風はだいぶ弱まりましたが、時折帽子が飛ばされそうな風が吹いてきます。



IMG_1985_convert_20161021165809.jpg
間ノ岳(あいのだけ)3,189.5m
奥穂高岳と並んで日本第3位

寒くて、汗かきの私でもタオル要らずでした。

後ろは、北岳と甲斐駒ヶ岳。



PA200134_convert_20161021170047.jpg
一日中、富士山を眺められました。


PA200135_convert_20161021170112.jpg
間ノ岳からの富士山


PA200145_convert_20161021170214.jpg
北岳山荘へ戻る途中、雷鳥を見つけました。
正確には、たまたま出会った方に教えてもらいました。
自分たちだけでは、気がつかなかったと思います。

なんせ、天敵の猛禽に見つからないように保護色ですからね。

どこに居るかわかりますか?


PA200145_(1)_convert_20161021170135.jpg
これなら、分かりますね。



PA200155_convert_20161021170251.jpg
山荘に預けていたザックを担いで、再び北岳に登ります。


PA200170_convert_20161021170321.jpg
山小屋の相部屋で仲良くなった3人組。
ちょうど二日目に歩くコースが同じで、ペースも同じぐらいだったので一緒に楽しく歩きました。

富士山を望む日本一高い場所。
日本一の富士見台です。


PA200174_convert_20161021170347.jpg
北岳肩の小屋でカレーライスをいただきました。

富士山を望みながらの日本一贅沢なカレー。


この後は、約1,700mの標高差をひたすら下りました。
下りとはいえ、さすがに疲れました。

下山後も最終の乗合タクシーにちょうど3人分の空きがあり、最後までラッキーでした。
なぜなら、私たちより後に着いた人は、30分後の最終バスまで待たなければなりませんでした。

タクシーの運転手さんによると、北岳に一日中雲がかからなかったのは、今シーズン初だったようです。

奇跡的と言っても良いぐらいの天候、楽しい山仲間との出会い、雷鳥との出会い、などなど本当にラッキーな山行でした。

運を使い果たしていなければいいのですが・・・。

しばらく気をつけようっと!!










関連記事

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://acrs.blog62.fc2.com/tb.php/948-9103fac3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

カヤックさかい

Author:カヤックさかい
シーカヤックガイドとケーナ奏者という二つの分野で活動しています。

FC2カウンター

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索