FC2ブログ

umiとsora・・・

海の上を漂いながら思ったこと 空を見上げて思ったこと 人生を漂いながら思ったこと 自然や音楽について思ったことなど・・・。

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

海の一人旅



小豆島へ行ってきます。

いつも遥か遠くに霞んでいる島。
車移動なしで、この浜から漕いで行きたいと思っていました。





まずは、沖に停泊しているクレーン船まで。





船員さんと話ができました。3000tまで吊り上げられるそうです。3000tと言われても実感わきませんが、橋脚とかケーソンだそうです。





家島諸島の西の端、小豆島までの中間地点の院下島まで来ました。





一休みして再出発。
まだまだ霞んでますが、かなり大きくなってきました。





いよいよやって来ました。
浜でのろしが3つも上がってます。
変な奴がやって来たと警戒してるのか?!





煙が上がっていたのは、キャンプ場なのでちょっと離れた浜に上陸。
お供のケーナとサンポーニャを気ままに吹けるように。






軽量化重視で質素な夕食ですが、お腹ペコペコなのと最高のロケーションで、何でも美味しい!!






キャンプの楽しみの一つが焚き火。
少し楽しんで、8時過ぎに就寝。





夕べ出会ったイカ釣りの人が「イノシシがいるよ」と言ってましたが、テントから少し離れた辺りに散弾銃の薬きょうがいっぱい落ちてました。
まだ猟期ではないと思いますが、急に口笛吹いて、人が居るよアピールする私でした。





日生諸島に向かって漕ぎ出し、1時間ほどの辺りで振り返ってみました。今度はもうちょっとゆっくりしたいなあ。






後ろ髪ひかれつつ漕いでいるうちに、大多府島が近づいてきました。






ふう~着いた~!
小豆島は霞みの向こう。
今朝まであそこにいたとは。






日生諸島のどこかでキャンプしようと思っていましたが、追い風追い波に乗って赤穂まで帰ってきました。
赤穂御崎の旅館街と左の塔みたいなのは海浜公園の観覧車です。





赤穂御崎で迎えた最高の朝。

ご褒美の朝陽を堪能して、あとは漕ぎ慣れた海をゆっくり大浦海岸まで帰ってきました。

9時半には、上陸してました。
朝からカヤック片付けるのって変な感じでした。

急ぎ足でしたが、海の旅楽しみました。


_

関連記事

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://acrs.blog62.fc2.com/tb.php/794-92ff30f8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

カヤックさかい

Author:カヤックさかい
シーカヤックガイドとケーナ奏者という二つの分野で活動しています。

FC2カウンター

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索