fc2ブログ

umiとsora・・・

海の上を漂いながら思ったこと 空を見上げて思ったこと 人生を漂いながら思ったこと 自然や音楽について思ったことなど・・・。

02<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>04

平城宮跡


昨日は、平城遷都1300年祭が行われている奈良の平城宮跡へ行きました。
IMGP4123_convert_20100602102553.jpg
駅から会場までシャトルバスで10分、徒歩でも10分と言うことで、待ち時間のない徒歩を選びました。
平城宮跡の敷地内に入ってからも会場まではかなり遠そうです。


IMGP4126_convert_20100602102645.jpg
まずは、腹ごしらえと黒米入りの「遷都すしバーガー」をパクつきました。
海老フライに奈良漬けにいろんな物が挟んであります。


IMGP4128_convert_20100602102749.jpg
「せんとくん」にも出会いました。
キャラクターが発表された頃は、色々と話題になっていましたが、見慣れると違和感なくなりますね~。



IMGP4135_convert_20100602102841.jpg
突然暗雲が立ちこめ、大粒の雨が降って来ました。傘も役に立たないほどです。
朱雀門で雨宿りです。
遠くに大極殿が霞んでいます。


IMGP4136_convert_20100602102946.jpg
場内案内用のipodを借りました。
声と画像で説明してくれます。
有料だったので迷いましたが、借りて良かった。
これがなければ、広い敷地を歩くばかりで、復元された建物を見ても今一良く分からなかったと思います。




IMGP4144_convert_20100602103233.jpg
復元された遣唐使船。
こんな小さな船でよく中国まで行ったなあ、と感心します。
私がシーカヤックスクールを行っている室津湾の室津港にも、昔は遣唐使船が立ち寄ったそうですが、瀬戸内海を航海するのでも大変だっただろうと思います。



IMGP4148_convert_20100602103133.jpg
大極殿に向う途中に踏切があります。


IMGP4149_convert_20100602103317.jpg
近鉄の電車が通過して行きます。
平城宮跡の敷地内を電車が走っているんですね~。
ビックリです。

後で知りましたが、戦後に平城宮跡を保存しようと言う運動が起こり、広大な田畑を国が買い取り保存されたそうです。その頃の古い写真が平城宮跡資料館に残されていましたが、既に線路が敷かれていましたので、近鉄はかなり昔から奈良に通じていたんですね。

奈良市街からそう遠くないところにこんな広大な土地が残されたなんて、奇跡的なことだと思います。



IMGP4167_convert_20100602103419.jpg
大極殿から朱雀門



IMGP4179_convert_20100602103517.jpg
近鉄で奈良市街に移動ました。
目的は高速餅つきで有名な「中谷堂」。
近くには興福寺や猿沢池がありますが、あくまでも目的は中谷堂のよもぎ餅です。

私達が行ったときは、つき終わったところだったみたいで高速餅つきは見られませんでしたが、つきたてのよもぎ餅を戴きました。


CA3E0228_convert_20100602115034.jpg
今回の奈良行きは、山陽電車の得々切符で行ってきました。
JRよりはちょっと時間が掛かりますが、格安の料金で往復でき、乗り降り自由の区間もあるのでホントに便利です。
三宮で一回乗り換えるだけで奈良まで行けるのも便利です。






関連記事

COMMENT▼

こんばんは。
私はこれまで「奈良嫌い」だったのですが、この祭りには行きたくて仕方が無いのです。

サカイ先輩の写真を拝見出来て、少し「行った気」になれました。

会期は長い様ですが、転勤迄には行けそうにもありません。

11月迄にはなんとかしたいです。

中谷堂は残念でしたね。
でも、つきたてのよもぎ餅は美味かったやろうなぁ…

と、酒呑みながら両刀使いの私には羨ましい限りです。

歴史よりだんご

私はイベント嫌いというか、人混みや行列が嫌いなので近くで開催された姫路菓子博にも行かなかったですが、今回は何となく行ってみたい気になったのと、平日ならあまり混んでなさそうかなと思ったので行ってみました。

平城宮の広さを体感できて良かったですよ。

近鉄奈良駅の構内で見つけた「まほろば大仏プリン」の地酒プリンも美味しかったです。
お酒のプリン?と、ちょっと冒険のような気もしましたが、ほんのり日本酒の香りがしてなかなかいい感じです。両刀使いにはぴったりです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://acrs.blog62.fc2.com/tb.php/249-8a5d6f47

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

カヤックさかい

Author:カヤックさかい
シーカヤックガイドとケーナ奏者という二つの分野で活動しています。

FC2カウンター

月別アーカイブ

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索