FC2ブログ

umiとsora・・・

海の上を漂いながら思ったこと 空を見上げて思ったこと 人生を漂いながら思ったこと 自然や音楽について思ったことなど・・・。

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

地球の裏側

ペルー旅/ボリビア滞在記・39日 
2009年10月28日(水)~2009年12月5日(土)までの南米ペルー/ボリビアの旅、第26回。


26.ラパス(ボリビア)16日目
2009年11月18日(水)[現地時間]


今朝は、応接間にお客さんがあり、自室で練習しました。

お客さんは、日系一世の金城さん、二世の長谷川さんという女性お二人です。
ビキさんの折り紙仲間だそうです。
3人で折り紙を折る所を、地元のテレビ局が取材にやって来たのです。

ビキさんはご主人と日本に行ったときに折り紙を覚え、その後は本を見ながら独習したそうですが、ラパスの小学校などで教えることもあるそうです。
後日、テレビ放送では、折り紙が日本の文化として紹介されていたと思うのですが、BGMはなぜかアリランでした。
まあ、私達日本人がペルーの音楽とボリビアの音楽の区別がほとんどつかないのと同じなんでしょう。
地球の裏側の辺りの国のことは、中国も韓国も日本もあまり区別がついていないのかも知れません。

ちなみに、日本との時差は13時間です。


20091119114340_convert_20100429221424.jpg
午後は、楽器博物館でケーナレッスンをうけ、その後ホセーロのレストランでヒロさんと合流して、お茶したり一緒に練習したりのんびりと過ごしました。

ホセーロはアナタ・ボリビアのチャランギスタで、若いときにマルセロ・ペーニャとCDを出していることをヒロさんから聞きました。その頃はレコードかな。
「Jose,Joserlo y Marcelo」というCDで、実は私の愛聴CDだったのでびっくりです。
CA3E0198_convert_20100429223717.jpg
左がマルセロ、真ん中がホセーロです。今はかっぷくのいいおっちゃんになっていますが。


初めてこのレストランに来たときはビキさんと一緒で、自分がどこに来ているのかまったく理解できていませんでした。その店にちょくちょく来ることになるとは思いもしませんでした。


関連記事

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://acrs.blog62.fc2.com/tb.php/233-eec799dd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

カヤックさかい

Author:カヤックさかい
シーカヤックガイドとケーナ奏者という二つの分野で活動しています。

FC2カウンター

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索