FC2ブログ

umiとsora・・・

海の上を漂いながら思ったこと 空を見上げて思ったこと 人生を漂いながら思ったこと 自然や音楽について思ったことなど・・・。

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

雲隠れ終了

6月15日月曜日
バイクに荷物をくくりつけ、出掛ける。ツーリング日和だ。初夏の爽やかな風を受け、川沿いの道を気持ち良く走る。

数分で目的地に到着。日赤病院だ。

爽快感から一転。
痛くも痒くもないのに入院、ベッドに座ると自由を奪われ監獄に入れられた気分。

夜から絶食


16日火曜日
朝から点滴が始まり、鎖に繋がれた気分。
手術台に乗ったら、さしずめまな板の上の鯉の気分か、なんて思っていたが、実際にはそんなことを考えている余裕はなかった。

今まで家族の誰かを手術室に見送ることを何度か経験したが、いつもベッドに寝た状態で手術室に入って行ったので、自分もそうだろうと思っていた。
ところが歩いて手術室に入り、「はいこの上にどうぞ」と手術台に寝かされた。いろんな機材があって、まさにテレビに出てくる手術室だ。

胸や手にいろんなものをつけられ、ベッドに貼り付け状態になったところで、麻酔科の先生が現れた。「麻酔をかけますよ~」と言う声を聞いたと思ったら意識がなくなっていた。


「サカイさん終わりましたよ~」看護師さんの声で目が覚めた。
目が覚めて良かった!


17日水曜日
鼻から胃に通したチューブで液体の食事が始まる。
口の中を手術したので普通の食事はしばらくできない。
鼻からの食事でも胃は膨らむので空腹感からは解放された。
隣のベッドの方は2ヶ月半チューブの食事だったそうだから、数日の辛抱ぐらいで不満を言ってられない。


18日木曜日
鼻からチューブの食事に馴れてきた。
しかし、鼻チューブをしていると重病人のようだ。口腔外科は入院患者も外来で診察を受けるので、各科の順番待ちの人達の視線を感じつつ診察室に向かう。
知り合いに会いませんように。


19日金曜日
点滴が終わり、今日から飲み薬になった。左手が自由を取り戻した。


20日土曜日
口から食事ができるようになった。口の中に傷口のカバーが入っているので噛みにくく、飲み込みにくくい、お粥ときざみ食をほとんど流し込む。
おかずを残した。普段では有り得ないことだ。


21日日曜日
喉の痛みがひどく夜中と朝方2度痛み止めを飲む。
薬の間隔を開けるようにと看護師さんの教育的指導。

2度目の本の差し入れ。これで退院までもつだろう。
ホントはチャランゴを差し入れて欲しい。実はチュリを荷物に忍ばせてきたが、さすがに吹けそうなところはない。


22日月曜日
入院して一週間が経った。
同室の人達は全員入れ替わり、自分が最古参になった。
隣りのベッドはすでに3人目。耳鼻科の患者さんは、どんどん退院して行く。


23日火曜日
一番の楽しみはシャワー。
朝入るか、昼入るか、夜入るか、これが自分で決定できるほぼ唯一のこと。


24日水曜日
主治医より「予定通り2週間で退院できそうですね。」少し早まるかと期待していたが…。
まあ順調と言うことで、良しとしよう。

25日木曜日
痛み止めを飲まなくなって、靄が晴れたように頭も体もシャキッとなった。

夜の回診で、主治医より「いつ退院してもいいですよ」
「できれば、早い方が・・・」
「じゃ明日退院しますか」
と言うことで、突然退院が決まった。やったー。


口蓋多形性腺腫と言う病名で、上顎にできた腫瘍を切除しました。幸い悪性ではなく、術後の経過も良好。
あとは、傷が完全に癒えて、切除で空いた窪みに肉が盛ってくるのを待つだけ。ビー玉1個分ぐらいあるので、元に戻るには少しかかるかも知れません。

と言う訳で約10日間の入院生活が終わり、シャバに戻ってまいりました。







関連記事

COMMENT▼

No title

お疲れ様でした。
無事退院おめでとうございます。
以前は検査入院くらいと思ってましたが、大変な病気だったんですね。
原因何だったんでしょうか?
いろいろと活躍の場面が増えてきているので周りの方も心配だったでしょう。
年が近いだけに自分の事も気になります。今のところまだ大丈夫です。

No title

退院おめでとうございます。

入院されてたのですね、無事に退院されたようでよかったです
早く傷口が治るといいですね

No title

lupinさん

ありがとうございます。

痛みも何も自覚症状がなかったのですが、かかりつけの歯医者さんが見つけてくれて、口腔外科を紹介され、診察を受けたら、即断で「手術ですね」と。
決まってから手術迄2ヶ月ぐらいあったので、不安な日々でした。

唾液腺が詰まって腫瘍になったのではないか、と言うことですが、はっきりとした原因はわかりません。

No title

牙人さん

ありがとうございます。

まだ、柔らかいものしか食べられないので、早く何でも食べれるようになりたいです。

ビールも飲みたい。


No title

サカイゆーじ先輩、ご無沙汰しています。

暫くご発信が無かったり、こちらも週末は出掛けることが多かったのでゆっくり拝見する事も無かったのですが、日記を拝見してびっくりしました。

まずは、退院おめでとうございます。
「雲隠れ」の時は、楽器の修行でどこか(例えば現地とか)に行かれるのかな?と楽観していましたが、大変だったんですね。

もう、お食事は摂れるんですか?

No title

エンタープライズさん

ありがとうございます。

まだ口の中に窪みがあるので、ちょっと食べにくいですが、何でも食べれるようになりました。

今度雲隠れするときは、現地に行くときであればいいなと思っています。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://acrs.blog62.fc2.com/tb.php/116-e77f0cf4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

カヤックさかい

Author:カヤックさかい
シーカヤックガイドとケーナ奏者という二つの分野で活動しています。

FC2カウンター

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索