umiとsora・・・

海の上を漂いながら思ったこと 空を見上げて思ったこと 人生を漂いながら思ったこと 自然や音楽について思ったことなど・・・。

02<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>04

お祭りライブ


IMGP0003_convert_20120325194828.jpg
白浜ショッピングセンターのお祭りに行ってきました。

フリーマーケットに食べ物の売店など、地元の人達で賑わっています。


IMGP0006_convert_20120325195224.jpg
ブラジル人のガルースさん

サンバでもボサノバでもないブラジルの音楽。



IMGP0023_convert_20120325195034.jpg

リズミカルなのは一緒、ペルーの衣装でブラジルのリズムにのる。



IMGP0010_convert_20120325194906.jpg

ケーナ教室ティオティアのメンバーで賑やかしライブ


IMGP0012_convert_20120325194949.jpg

踊りも加わって、注目を浴びました。

4月の発表会の練習も兼ねて

花祭り
コーヒールンバ
砂の城
ススロス
草原のマルコ

などを2回演奏しました。










尾道にて

CA3E1231.jpg

「この先海」

尾道らしいと言えば、らしい。



CA3E1232_convert_20120324225051.jpg

尾道市立大学美術館
「HiBi2012」
尾道大学美術学科第一期生9名による絵画、デザイン、立体などの作品展

卒業後、尾道に残ったり、地元に戻ったり、海外に出たり、いろんなところで制作を続けている作家達の油彩、日本画、デジタルアート、陶芸による立体作品など興味深く見させていただきました。

半磁器と言う製法で作られた作品が、肌合いの変化と独特のフォルムを引き立てていて、特に興味を引きました。




CA3E1233_convert_20120324225117.jpg

フェリーで向島へ



CA3E1235_convert_20120324225144.jpg

出発したと思ったら、すぐに着岸



CA3E1236_convert_20120324225211.jpg

前回は尾道ラーメンを食べたので、今日は広島焼き

明石で明石焼と言わないように、広島では広島焼きとは言わないのか?

硬めの細い麺がなかなかいける!!キャベツの存在感もバッチリ!!

広島焼き始めて食べたので、他と比べようがありませんが、美味しいと思ったのでそれでいいのでしょう。





2度美味しい?サヨリ

CA3E1229_convert_20120321131139.jpg
娘がモチーフに使ったサヨリを焼き魚でいただく。

どんな絵になったのかは知らないが、薄い塩味で美味しくいただいた。

2度のお役目ご苦労さん。



ブラジルの中華料理

CA3E1225_convert_20120317094830.jpg
FRANGO XADREZ フランゴ・シャドレス
鶏とピーマンの角切煮

ブラジルの中華料理

南米料理では、まず砂糖は使わないそうですが、この料理は酢豚風の味付けで甘味もあります。

ペルーではこんな料理もなく基本塩味らしい。

料理の甘いのは好まないのに、ケーキやチョコレートはめちゃ甘なのは面白いことです。


ペルー・ブラジル料理「トゥギャザー」
ほとんど一人で外食しませんが、トゥギャザーには一人でぶらりと立ち寄ります。
食べ放題の日も賑やかで楽しいですが、平日のお昼ゆったりといただくランチもいいです。
そして、日替わりランチに何が出て来るか分からずにいくのも、楽しいです。



思い出のクレソン



CA3E1223_convert_20120315144536.jpg
野生のクレソンを見つけて採ってきました。

貧乏だった学生時代に食べたのを思い出した。

なんか嬉しい。



CA3E1224_convert_20120315144556.jpg
さっと湯がいて、ごま油で和えてみました。

塩をぱらっとまぶしただけで、充分美味しい。

また、もらいに行こう。

¡qué rico!


春近し



CA3E1219_convert_20120314161448.jpg

ホテル「万葉岬」からの眺め。
仕事の打ち合わせにやって来て、ついでに春の海を眺めて来ました。

俯瞰でみる播磨灘もいい感じ。

唐荷島のさらに遠くに、家島と男鹿島が見えています。
春にしては、スッキリ晴れ渡って気持ちがいいです。




CA3E1222_convert_20120314161514.jpg

艇庫周りの梅の蕾がほころび始めています。

兵庫県の北部ではまだ雪が降ったりしていますが、瀬戸内では本格的な春も間近です。





姫路チャランゴ研究会2012年3月

昨日は姫チャラでした。

遠方から、初めて参加の方が来られました。
経験はあるものの、草薙メソッド(私が勝手に言ってます)は初めてなので、基本を押さえながらのレッスンでした。お陰で、私も基本のおさらいができました。

基本練習をないがしろにしていたなと、反省です。
そろそろ春だし、もう一度初心に戻りましょう。春はあんまり関係ないけどね。

昨日のレッスンメニュー(おおよそ)

複音でのスケール
音をしっかり伸ばすために
  左手の弾き方
  右手の動かし方
ホームポジションからの指の動かし方
合理的な左手の動かし方
複音スケールを使った練習方法

ストロークの基本
右手指の形
弦の弾き方
手の振り方
クエカ
カルナバル
トバス


IMGP0122_convert_20120311104956.jpg
MAYAのニューアルバム

2月に出来た、出来たてホヤホヤのCDです。
もちろん草薙師匠のチャランゴが随所で活躍しています。

フォルクローレ色が濃く、オリジナル曲が多いアルバムとはまた違った魅力満載です。
じっくり何回も聴きくと、何かいっぱい発見がありそうです。


もう一日金沢

IMGP0118_convert_20120310103115.jpg

とりあえず兼六園に行っとこうと言うことで、兼六園をぶらり。

市内の街路樹などにもありましたが、兼六園の雪吊りは見事です。
雪景色の兼六園ツアーがあるそうです。




CA3E1215_convert_20120310102956.jpg
21世紀美術館
昨日見残したところを見るために、再訪。

伝統産業工芸館や金沢美大アートギャラリーなどを巡って、昨日もアートな一日を楽しみました。




21世紀美術館


一度来たかった21世紀美術館で、今日はのんびりアートな一日でした。







金沢


金沢駅エントランスの大屋根

バスターミナル全体を覆っています。

放射能の時代(いま)を生きるミニライブ

放射能の時代(いま)を生きる
森住卓写真展 
ミニライブのプログラムが決まったそうなので案内致します。


3月10日(土)
18:00~
岡本忠彦 ギター弾き語り
野瀬吉夫 ヨッパライダンス
小野純一+まあの ギター弾き語り+フィドル

3月11日(日)
14:00~
カラン☆コロン まっくろくろすけのバンド
阪井雄司 ケーナ演奏

17:00~
piku ギター弾き語り
小野純一 ギター弾き語り
まあの ウクレレ弾き語り
福島写真展表_convert_20120213142216

ぜひおいでください。







一人ツアー

昨日は、テレマークの練習をしようとスキー場に向かいました。
用事を済ませてから出掛けたので、着いたのは昼頃です。

ところが、スキーが全然滑りません。
暖かい天候のために雪が中途半端に溶けて、ブレーキがかかります。

これでは練習にならないと思い、以前から考えていた計画を実行に移すことにしました。

ゲレンデから離れて約1Kmの距離に避難小屋あるらしいので、そこを目指します。
今シーズンも沢山のパーティーが、スノーシューをつけてゲレンデの端を登って行きました。

スノーシューで登ってもいいんですが、私は迷わず、テレマークを履いてリフトで上るラクチンコースを選択です。

CA3E1172_convert_20120301094944.jpg
森の中に入って行くと、木が倒れたり、折れたりしています。
雪の重みに耐えられなかったですね。
自然は厳しい!!

少しガスっているので、霞んだ先に三角に折れた木を見ると、屋根のように見えます。
こんなに近くに避難小屋があるはずないのに、あっ小屋だ!と一瞬期待してしまいます。


CA3E1178_convert_20120301095112.jpg
わずかに残っていたトレースを見つけましたが、途中からそれを離れ、何となく近道なんじゃないのと思う方向へ進みました。
森から出て、伐採地に入り辺りがよく見渡せます。

適当に進んできたことを少し悔やみながら地図を確認。
どうやら近道は間違いなかった。
辺りが見渡せる地形で良かった!!
森が続いていたら確実に迷子です。

少し方向修正して、進んで行くとこの木に出会いました。
鳥の巣か、虫を食べたあとか?


CA3E1179.jpg
雪の小山を登って行くと、何となく人工物らしきものが見えてきました。

ガスが濃くなったり薄くなったりしてるので、遠くの切り株が人が佇んでいるように見えたりしていましたが、四角い煙突らしきものは間違い無さそうです。



CA3E1188_convert_20120301095146.jpg
避難小屋を通過して、倒木に腰をかけ、しばし休憩。
地図で現在地や周辺を確認。
そうか、緩いアップダウンの稜線を歩いて来るとダルガ峰を通ってココにいたるルートやったんや。
地形を見ながら地図を見ると良く分かります。



CA3E1195_convert_20120301095206.jpg
ルートは分かりましたが、ダルガ峰には登らず、等高線を辿るようにラクチンコースを選択。
雪で笹も灌木も覆われているので、適当なコースでも進めます。



CA3E1197_convert_20120301095228.jpg
だいぶ帰ってきたところで、スノーシューらしき新しい二筋の足跡発見。

駒の尾に向かってついています。
2人で登って行ったのか?
往復の一人の足跡かどっち???

そんなことを考えながらゲレンデに戻りました。
まだ、滑りにくい雪でしたが、夕方まで滑っているうちに気温が下がってだんだん滑り易くなって来ました。

プチ・バックカントリーツアーとコソ練の両方で来て、良かった良かった!!




 | ホーム | 

プロフィール

サカイゆーじ

Author:サカイゆーじ
シーカヤックガイドとケーナ奏者という二つの分野で活動しています。

FC2カウンター

月別アーカイブ

カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索