FC2ブログ

umiとsora・・・

海の上を漂いながら思ったこと 空を見上げて思ったこと 人生を漂いながら思ったこと 自然や音楽について思ったことなど・・・。

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

宍粟5山巡り

2018年11月1日(木)
宍粟市の5山を一筆巡りで歩いてきました。

IMG_9331_convert_20181112163108.jpg
朝5時過ぎに登山口に到着しました。
当然、真っ暗です。



IMG_9332_convert_20181112163208.jpg
川を渡って登山開始なんですが、真っ暗で少しウロウロしました。
小さな橋を見つけて、無事前進です。



IMG_9340_convert_20181112163243.jpg
急坂を登って登って、明るくなる頃には尾根に出て、1つ目の山頂に到着。
千町ヶ峰1141m



IMG_9342_convert_20181112163312.jpg
日の出には間に合いませんでしたが、雲がかかっていたおかげで、美しい朝焼けに出会えました。



IMG_9351_convert_20181112163354.jpg
尾根道は、朝露たっぷりで靴はびしょびしょになってしまいました。
今日は長い歩きなのに、足がふやけて靴擦れにならないかなあ、と心配です。
スパッツと替えの靴下を持ってくればよかったと思いながらも、尾根をゆっくり下って、林道に出ました。
しばらくロード歩きのようです。



IMG_9352_convert_20181112163646.jpg
今年の台風の影響でしょうか、道路が半分以上崩れています。
今日は歩きなので、道の横を通過し、前に進みます。



IMG_9356_convert_20181112163449.jpg
千町峠の林道脇に遊悠山荘が建っています。
週末はカフェをやっているようです。
ちなみに、この山荘には崩れた林道を通らずに来ることができます。



IMG_9359_convert_20181112163549.jpg
山荘横から再度登ります。



IMG_9364_convert_20181112163722.jpg
もともと標高のあるところからの登り始めなので、少し急坂を登るとあとは緩やかな尾根歩きで2つ目の山頂です。
段ヶ峰1103m




IMG_9369_convert_20181112163748.jpg
段ヶ峰から東方面。
右下に生野ゴルフクラブが見えています。段ヶ峰の一番ポピュラーな登山コースの登山口があります。




IMG_9371_convert_20181112163828.jpg
杉山が見えてきましたが、杉山なのに杉が生えていない??



IMG_9377_convert_20181112163925.jpg
3つ目の山頂。杉山1088m

今日のおやつ、梨と柿とコンビニのパンケーキ
何からいただくか?悩むほどのことではないですが • • •。
このあとの楽しみをとっておくことは、意外と大切!

私の選択は、一番重たい梨を頂いて柿とパンケーキは温存しました。




IMG_9387_convert_20181112164024.jpg
次の山へは少し下って登り返しですが、下りきったその峠のお地蔵さん。
天保の文字が読めます。
江戸時代からこの峠で旅人を見守ってきたんですね。




IMG_9393_convert_20181112164111.jpg
えっ!
ムラサキ!
紫色の実はめずらしい!



IMG_9399_convert_20181112164139.jpg
4山目の笠杉山1032m山頂から北方面。
左の高い山は氷ノ山、真ん中から右に白いところはハチ高原スキー場、その右は鉢伏山、東鉢スノーパークが見えています。

ここで柿とパンケーキの一つをいただきました。



IMG_9411_convert_20181112164304.jpg
登山口に下っていきました。



IMG_9413_convert_20181112164404.jpg
しばらくロード歩きです。



IMG_9415_convert_20181112164504.jpg
このままロードで30分歩けば駐車場に戻れるんですが、もう一山登ります。



IMG_9418_convert_20181112164610.jpg
5山目の大段山966m。
ここだけ山頂からの展望がありません。

残りのパンケーキを頂いて、さあ後は下るだけです。

さすがに脚の疲労も溜まってきているので、下りこそ注意が必要です。
転倒や滑落が多いのは下りですから。




IMG_9424_convert_20181112164724.jpg
足元に気をつけながらも軽快に下ってきて、松や灌木の林を過ぎて杉の植林帯まで降りてきました。



IMG_9425_convert_20181112164817.jpg
いつものことですが、ひょっこりと道路が見えました。




IMG_9427_convert_20181112165036.jpg
道路に出ると、すぐそこに駐車場!
最後のロード歩きなしに終了は最高のコースです。

今日歩いたコースは、全く初めてのコースでしたが、最近使っているYAMAPというアプリと、そのアプリに投稿されていた情報のお蔭で道迷いなく楽しく歩けました。

下山は12時15分でした。

活動時間6時間58分
活動距離16.2km
累積標高上り1457m



IMG_9431_convert_20181112165121.jpg
車に戻って靴を履き替えたりしていて、ふと見上げると赤い実が!




IMG_9433_convert_20181112165218.jpg
よく見るとヤマボウシでは!?

蒜山で初めて見つけて、その後食べられる実だと知人に教えてもらった実でした。
つまんでみると、自然な甘さが口に広がります。
少し摘んで帰りましょう。




IMG_9438_convert_20181112165313.jpg
仕上げは温泉!

まほろばの湯でまったりしました。
久しぶりでしたが、昼間の温泉は空いていて、露天風呂も気持ち良かった!



本日も、お付き合いありがとうございました。





天下台山

2018年10月30日(火)
相生市の天下台山(てんがだいやま)に登りました。
IMG_9246_convert_20181112090646.jpg
東部墓園口から登ります。



IMG_9249_convert_20181112090745.jpg
山頂までの最短コースで、さらに遊歩道のような道なので、サクサクっと進みます。



IMG_9252_convert_20181112090821.jpg
20分ちょっとで山頂着です。
山頂は360度の展望!

肉眼では、家島諸島の向うになんとか鳴門海峡が見えます。




IMG_9256_convert_20181112091000.jpg
東方向には、馬場の畑とタキロンの工場。
遠くに霞んでいるのは六甲山。



IMG_9257_convert_20181112114226.jpg
えっ!

標高3000m超?! そんな訳ないですよね。

321.4mって細かいなあ!!



IMG_9262_convert_20181112091104.jpg
さて、ここからが今日の本番。

岩屋谷公園方面へ少し下ったところから、東尾根へ向かいます。
初めて歩くコースなので楽しみです。




IMG_9264_convert_20181112091203.jpg
ちょっと藪漕ぎ風なところもありますが、道ははっきりしていて、適度なアップダウンもあり面白いコースです。



IMG_9276_convert_20181112091258.jpg
おっと!  岩場に出ましたが、岩の上を通過していくだけでした。




IMG_9280_convert_20181112091404.jpg
最後の急坂を下ります。



IMG_9281_convert_20181112091509.jpg
ひょっこりと公園のトイレ横に出ました。



IMG_9286_convert_20181112091559.jpg
岩屋谷公園の川を渡って、次の登り口に向かいます。



IMG_9287_convert_20181112091654.jpg
数分歩いて、北尾根登山口です。

お墓の隅の登山道があります。



IMG_9291_convert_20181112091800.jpg
半分ぐらい登って来て、トンビ岩の上。
高いところ怖いのに座ってみました。



IMG_9292_convert_20181112091851.jpg
トンビ岩って、この見た目がトンビの横顔みたいだから?

私は、岩の上に立つとトンビになって飛んでいるように感じるからかな?と思うんですが、どうでしょうね。



IMG_9293_convert_20181112092000.jpg
白い花。
ちょっとピンぼけですが。




IMG_9299_convert_20181112092104.jpg
山頂近くの反射板。
何の電波を反射してるんでしょうね。




IMG_9301_convert_20181112092332.jpg
2回目の山頂。



IMG_9304_convert_20181112092418.jpg
今日の昼食。
非常食にいつも持っているグラノーラ。

バナナは早々に食べてしましました。



IMG_9305_convert_20181112092605.jpg
山頂から北方向の展望。
真ん中あたりの尖っているのは、明神山。



IMG_9307_convert_20181112092638.jpg
リンドウにたくさん出会いました。




IMG_9308_convert_20181112092803.jpg
またまた、同じ道を下りたくない病が出て、途中から西尾根登山道を下ることにしました。
入り口は一度通り過ぎましたが、戻ってみると小さな案内板がありました。

しばらくは藪こぎ風の道でしたが、すぐにわかりやすい道になりました。




IMG_9319_convert_20181112092852.jpg
ちょっとジュラシック・パーク的なところも。




IMG_9325_convert_20181112093008.jpg
下るほどに歩きやすい道になって、ひょっこり県道が見えました。




IMG_9328_convert_20181112093056.jpg
下山した場所には登山口の看板はありませんでしたが、一応西尾根登山口だと思われます。




IMG_9330_convert_20181112093156.jpg
今日は、ほんの5分のロード歩きで、駐車場に戻りました。
気まぐれに違う道を下ったのに、ラッキーでした。


総距離8.9km
活動時間3時間29分
累積標高上り673m

お付き合い、ありがとうございます。





信濃町3日目

2018年10月18日(木)
信濃町3日目
IMG_8905_convert_20181031110505.jpg
昨夜は、野尻湖畔の宿LAMPに泊まりました。


IMG_8902_convert_20181031110542.jpg
早朝の野尻湖



IMG_8906_convert_20181031110627.jpg
この日は、知り合いのアウトドアスクール、サンデープランニングが開催しているキノコ狩りツアーに参加しました。

腰にビクを下げて林道を進みます。

妙高山の裏あたり、標高は2000m近いところです。



IMG_9023_convert_20181031110656.jpg
林道から外れ、藪こぎ開始。



IMG_9024_convert_20181031110716.jpg
滑らないように気をつけながら下ります。



IMG_9032_convert_20181031110743.jpg
川も何回も渡ります。
なので、登山靴でなく全員長靴です。



IMG_9037_convert_20181031110805.jpg
もちろんガイドさんと一緒なので、この辺りにあるはずというところに案內してもらいます。


IMG_9038_convert_20181031110825.jpg
ガイドさんは、この辺りに倒木があったはず、とだいたい場所を覚えているようです。



IMG_9039_convert_20181031110846.jpg
何十年ものキャリアのガイドさんでも、わからないキノコはたくさんあるそうで、本当に自信のあるキノコしか食べないそうです。



IMG_9053_convert_20181031110931.jpg
戻ってきて、種類ごとに仕分け中。
もう真っ暗です。



IMG_9057_convert_20181031111001.jpg
スタッフさんがきれいに洗ってくれました。



IMG_9058_convert_20181031111049.jpg
今日は14種類のキノコが採れたそうです。


IMG_9059_convert_20181031111121.jpg
シェフが作ってくれたキノコ料理



IMG_9062_convert_20181031111147.jpg
メインは、キノコ鍋。

キノコを入れてからグツグツ言い出してから10分間煮てから食べてくださいと言われました。
どんなキノコでも、よく火が通らないとお腹を壊すことがあるそうです。

山でキノコを見つけても、食べられるかどうか自分では判断できないので、画像として撮るだけですが、今回は自分たちで採ったキノコを美味しくいただくことができました。



信濃の黒姫山

2018年10月16日(火)
南アルプスの登山をあきらめ、昨日のうちに長野県信濃町に移動しました。
黒姫山に登ります。

IMG_8674_convert_20181023115003.jpg
午前5時の駐車場。
真っ暗な中、なんとか駐車スペースを発見。




IMG_8765_convert_20181023115223.jpg
早朝の古池。
最初のうちはハイキングコースのようななだらかな道を歩いていたら、とつぜん池に出ました。
こんな風景に出会えるなんて、早朝に歩きだしてよかった!



IMG_8683_convert_20181023115152.jpg
斜面を登り始めた頃、夜が明けてきた。


IMG_8695_convert_20181023115315.jpg
紅葉の向こうは戸隠山。



IMG_8782_convert_20181023120640.jpg
紅葉最盛期できれいな落ち葉もちらほら。



IMG_8710_convert_20181023115436.jpg
登り始めて約3時間、山頂が見えてきた。
最後の上りが待っているよ。


IMG_8713_convert_20181023115521.jpg
誰もいない朝8時の黒姫山山頂。



IMG_8703_convert_20181023115347.jpg
山頂からの眺め。
北アルプスの山々、槍ヶ岳も見えています。



IMG_8719_convert_20181023115559.jpg
山頂から少し下ったところに、こんな池が。大池という名前の割には小さいが。



IMG_8720_convert_20181023115644.jpg
大池から10分ほどで七ツ池の看板が。



IMG_8723_convert_20181023115737.jpg
山頂直下にこんな風景が・・・。

画像では伝わりにくいですが、別天地のようです。




IMG_8806_convert_20181023115811.jpg
本日のモグモグタイム!
七ツ池を眺めながら、パンケーキでのんびり。



IMG_8809_convert_20181023115930.jpg
小さな池が点在してます。
この辺りの低地は、噴火口の跡のようです。



IMG_8814_convert_20181023120029.jpg
七ツ池振り返って。
名残惜しい風景ですが、先に進みます。



IMG_8817_convert_20181023120711.jpg
無人島みたい



IMG_8818_convert_20181023120736.jpg
何キノコ?



IMG_8819_convert_20181023120758.jpg
白いきのこ




IMG_8821_convert_20181023120845.jpg
小びとの家?



IMG_8823_convert_20181023120908.jpg
下山途中で出会ったおじさん。
地元の方かと思ったら、兵庫県から来られたそうです。
しばし、山の話に花が咲きました。



IMG_8746_convert_20181023120207.jpg
スキー場まで下ってきました。


IMG_8832_convert_20181023120932.jpg
スキーシーズンは通れないリフトの下をまっすぐ下ります。




IMG_8748_convert_20181023120400.jpg
スキー場登山口

西山新道を登り、旧道を下るつもりで登り始めたが、似たような道を下るのはつまらないなあ、という気持ちがムラムラと湧いてきた。
朝早く登り始めたので、違うコースに下りても昼過ぎには下山できるはず。
ということで、小泉山道でスキー場方面に下りてきました。

でも、山のほぼ裏側に下りてきたので、ここからロードを約13km歩いてもどらねばなりません。



IMG_8751_convert_20181023120425.jpg
スキー場すぐそばの蕎麦屋さん。
おそば食べながらちょっと休憩して、この後のロード歩きに備えます。

まだ13時前なので、時間的には余裕のよっちゃんです。



IMG_8753_convert_20181023120532.jpg
表登山道登山口。
歩き始めて30分、隣の登山口まで来ました。まだまだ先は長いよ。



IMG_8835_convert_20181023120955.jpg
黒姫高原には沢山のペンションや別荘が並んでいます。



IMG_8840_convert_20181023121025.jpg
そば収穫中の畑。



IMG_8843_convert_20181023121109.jpg
笑い



IMG_8845_convert_20181023121132.jpg
なんの種なあ?



IMG_8846_convert_20181023121155.jpg
黒姫山を眺めながら、高原野菜の畑の中を通過。




IMG_8852_convert_20181023121217.jpg
これはすごい!
こんな大きなマムシ草の実を見たのは初めてです。

元気もらいました。



IMG_8853_convert_20181023121237.jpg
登坂車線が終わっても、まだまだ急な坂が続いてるなあ〜!

あと1時間ぐらいです。



IMG_8758_convert_20181023120611.jpg
突然クルマを発見!

駐車場に帰ってきた〜〜〜!

約3時間のロード歩きを楽しんで?!  16時過ぎに、本日の活動は終了です。

この後は戸隠の温泉でゆったりしました。

今回もお付き合いありがとうございました。




南アルプス鳳凰三山

2018年10月15日(月)
南アルプスの鳳凰三山(地蔵岳、観音ヶ岳、薬師岳)を一泊二日で縦走するつもりで登りました。
昨日までJSCA(日本セーフティカヌーイング協会)の30周年イベントに参加するため、富士五湖の西湖に居ました。
この出張の機会に今年も南アルプスに登ろうと計画しました。

一昨年は、北岳と間ノ岳から富士山を眺めました。
昨年は、仙丈ヶ岳から富士山を眺め、甲斐駒ケ岳にも登りました。
今年は、その隣の山域から富士山を眺めるのが目的の一つです。

IMG_8618_convert_20181021091929.jpg
夜叉神峠からは一般車通行止めなので、朝一番5時過ぎ発の乗り合いタクシーで広河原まで着きました。
この先の左の青い橋を渡ると北岳登山口です。他の皆さんは、全員北岳に向かわれました。
私は、道路を真っすぐ進みます。



IMG_8619_convert_20181021092016.jpg
北岳の上部は真っ白です。
バス停のインフォメーションセンターで、北岳はアイゼンが必要と山小屋から連絡が入っていました。
北岳登る人たち大丈夫かな?!

なんて人の心配してる場合じゃなかったんですが。



IMG_8621_convert_20181021092116.jpg
とつぜん登山口が現れました。
このネットの隙間から登っていくようです。




IMG_8627_convert_20181021092232.jpg
シラビソ林の中を急登が続きます。
約3時間の登りは覚悟の上です。



IMG_8635_convert_20181021092328.jpg
シラビソの樹林帯を抜けてハイマツとガラガラ岩帯に出てきました。
林を抜けると、冷たい雨がしょぼ降っていました。
さっきまでは樹の下で気づかなかっただけでした。




IMG_8637_convert_20181021092439.jpg
白鳳峠到着。
ここからは高嶺に向かって尾根歩き。
尾根に出る前辺りから、みぞれ混じりの雨になってきました。





IMG_8638_convert_20181021092533.jpg
ガスっていて鳳凰三山も隣の北岳も見えませんが、高嶺だけはなんとか見えてきました。
みぞれから雪に変わってきました。

鳳凰山、北岳、富士山などの山々の景色を楽しみにしていたのに、何にも見えません。
全然楽しくなくて、気持ちが前に向かいません。
いつもなら、急坂が続いても5分10分休憩すると前に進みたくなるのに、(蒜山縦走のときは、藪漕ぎと急坂で大変だったのに、気持ちも体も前に前にでしたが)今日は、気持ちも体も進みたがりません。
ということで、撤退決定!

泊まるはずだった山小屋に連絡入れて、登ってきた道を引き返します。





IMG_8659_convert_20181021093145.jpg
北岳もすっかり雲の中です。



IMG_8644_convert_20181021092744.jpg
この急坂を下りに使いたくなかったので、ここを登って、緩やかな坂道の夜叉神峠への道を下るつもりでしたが、急坂を下る羽目になってしましました。
このハシゴは、しっかりしているので危なくないですが、ハシゴのない急坂のほうが滑落の危険があります。
疲れているときの急坂の下りは、ほんとに注意が必要です。
今日は、まだ大して疲れていませんが、気持ちが萎えているので、やはり要注意です。




IMG_8664_convert_20181021093209.jpg
無事下山しました。

結構がっかりな下山ですが、カラ元気な自撮り!



IMG_8648_convert_20181021093013.jpg
広河原バス停へ下ります。
12時発のバスが10分前に出たところで、次のバスは14時発。

乗り合いタクシーが1台停まっていて、運転手さんに聞くと、定時発(14時発)は一人1,100円の規定の料金だけど、定時以外は9,900円の頭割りと言うことでした。
このとき、バス停にいたのは5人。1人1,980円かあ、どうしようかな~?と相談しているともうひとり下山してきました。
6人になって、よし乗ろうと決定!
約一時間車に揺られながら、同乗者と山の話をしながら駐車場に戻りました。





IMG_8640_convert_20181021092638.jpg
今回出会った植物たち。

IMG_8651_convert_20181021093040.jpg
山にいた時間が短かったので、出会ったのも少なかった。



IMG_8652_convert_20181021093102.jpg


IMG_8655_convert_20181021093123.jpg
今年は残念な南アルプス鳳凰三山縦走でしたが、またいずれ登りたいと思います。

お付き合いありがとうございました。




 | ホーム |  »

プロフィール

カヤックさかい

Author:カヤックさかい
シーカヤックガイドとケーナ奏者という二つの分野で活動しています。

FC2カウンター

月別アーカイブ

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索