FC2ブログ

umiとsora・・・

海の上を漂いながら思ったこと 空を見上げて思ったこと 人生を漂いながら思ったこと 自然や音楽について思ったことなど・・・。

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

BB登山部第2弾

BB登山部は、ブルーバードスキースクールの仲間の集まりです。
スキーシーズンは、毎日氷ノ山を眺めながら仕事をしているので、一度みんなで登ってみようという事になりました。


登山口では、まだ桜が咲いていました。




尾根に出ると残雪がお出迎え。




約3時間半登って、やっと山頂だ!





ニリンソウ



イワカガミ



イワカガミ



ショウジョウバカマ



ショウジョウバカマ




オオデマリ





ヤマルリソウ

この時期に登るのは初めてだったので、珍しい花にたくさん出会えました。



無事下山!

氷ノ山ありがとう!



_

BB登山部

IMG_0597_convert_20190422084348.jpeg
BB登山部始動!

IMG_0651_convert_20190422084432.jpg
BB登山部とは、ブルーバード登山部。
ブルーバードって?

私がハチ高原でお世話になっている、スキースクールです。



IMG_0661_convert_20190422084711.jpg
春になって、みんな地元へ帰りそれぞれの仕事に戻っています。

ということで、集まったのは2名だけでした。



IMG_0663_convert_20190422084501.jpg
サクッと登られる山ということで、高砂の高御位山に登りました。

次回は、BB活動中にいつも眺めている氷ノ山に登る予定です。




冬の仕事まとめ

1月から2月にかけて、今年もハチ高原でスキーやスノーボードのインストラクターをしていました。

夜のうちに雪がたっぷり積もることは、今シーズンはまれで、こんなふわふわの雪が積もっていたのは数回だけでした。





兵庫県最高峰の氷ノ山。




学校団体の仕事が空いたときに、若手にスノーボードを教えました。




雪国ならではの乗り物。




担当した班の子達からメッセージカードをもらいました。
その内の一つ。こんな事思ってたんやなぁと分かって、嬉しくなりました。




これは、班の子達が一文字ずつ書いたようで、下のアルファベットは頭文字のようです。

ちなみにジョニーは、スキーイントラのときの私のニックネームです。




今どきの子達やね。ハッシュタグまで書いてくれました。
悲鳴みたいなワードは、実際にリフトに乗っているときに叫んでました。





最後の方まで残っていたイントラ仲間と、鉢伏山頂で記念撮影!

今年も良い仲間に恵まれ無事にイントラ生活を終えました。また、仲間から刺激やアドバイスやヒントをもらってイントラとしても更に成長できました。
まだまだ成長できるって本当に幸せなことです。
私が担当した子供達、一緒に働いた仲間達、ゲレンデで出会った人達、青い鳥の皆さんに感謝いたします。




_

冬の仕事



3日からハチ高原に上がっていました。
今年はスノーボードレッスンから始まり、スキーレッスンも入れてもらい、適度にフリーライドもできて、充実した仕事始めになりました。




インストラクター宿舎からの朝陽




氷ノ山が美しく輝いています。
こんな天気の日ばかりではこまるんですが。


下界での仕事(ケーナレッスン)のため、一旦帰宅しました。
帰宅前に、毎年ハチ高原ですれ違いだったフォルクローレの知り合いに会えました。ちょうどバスが着いた所に出くわしてラッキーでした。

一時帰宅に合わせて、ペインクリニックでブロック注射を打ってもらいました。ブロック注射の効果で、下半身の痛みはかなり軽減されています。お陰で今シーズンのスキーレッスンも問題なくこなせそうです。




宍粟5山巡り

2018年11月1日(木)
宍粟市の5山を一筆巡りで歩いてきました。

IMG_9331_convert_20181112163108.jpg
朝5時過ぎに登山口に到着しました。
当然、真っ暗です。



IMG_9332_convert_20181112163208.jpg
川を渡って登山開始なんですが、真っ暗で少しウロウロしました。
小さな橋を見つけて、無事前進です。



IMG_9340_convert_20181112163243.jpg
急坂を登って登って、明るくなる頃には尾根に出て、1つ目の山頂に到着。
千町ヶ峰1141m



IMG_9342_convert_20181112163312.jpg
日の出には間に合いませんでしたが、雲がかかっていたおかげで、美しい朝焼けに出会えました。



IMG_9351_convert_20181112163354.jpg
尾根道は、朝露たっぷりで靴はびしょびしょになってしまいました。
今日は長い歩きなのに、足がふやけて靴擦れにならないかなあ、と心配です。
スパッツと替えの靴下を持ってくればよかったと思いながらも、尾根をゆっくり下って、林道に出ました。
しばらくロード歩きのようです。



IMG_9352_convert_20181112163646.jpg
今年の台風の影響でしょうか、道路が半分以上崩れています。
今日は歩きなので、道の横を通過し、前に進みます。



IMG_9356_convert_20181112163449.jpg
千町峠の林道脇に遊悠山荘が建っています。
週末はカフェをやっているようです。
ちなみに、この山荘には崩れた林道を通らずに来ることができます。



IMG_9359_convert_20181112163549.jpg
山荘横から再度登ります。



IMG_9364_convert_20181112163722.jpg
もともと標高のあるところからの登り始めなので、少し急坂を登るとあとは緩やかな尾根歩きで2つ目の山頂です。
段ヶ峰1103m




IMG_9369_convert_20181112163748.jpg
段ヶ峰から東方面。
右下に生野ゴルフクラブが見えています。段ヶ峰の一番ポピュラーな登山コースの登山口があります。




IMG_9371_convert_20181112163828.jpg
杉山が見えてきましたが、杉山なのに杉が生えていない??



IMG_9377_convert_20181112163925.jpg
3つ目の山頂。杉山1088m

今日のおやつ、梨と柿とコンビニのパンケーキ
何からいただくか?悩むほどのことではないですが • • •。
このあとの楽しみをとっておくことは、意外と大切!

私の選択は、一番重たい梨を頂いて柿とパンケーキは温存しました。




IMG_9387_convert_20181112164024.jpg
次の山へは少し下って登り返しですが、下りきったその峠のお地蔵さん。
天保の文字が読めます。
江戸時代からこの峠で旅人を見守ってきたんですね。




IMG_9393_convert_20181112164111.jpg
えっ!
ムラサキ!
紫色の実はめずらしい!



IMG_9399_convert_20181112164139.jpg
4山目の笠杉山1032m山頂から北方面。
左の高い山は氷ノ山、真ん中から右に白いところはハチ高原スキー場、その右は鉢伏山、東鉢スノーパークが見えています。

ここで柿とパンケーキの一つをいただきました。



IMG_9411_convert_20181112164304.jpg
登山口に下っていきました。



IMG_9413_convert_20181112164404.jpg
しばらくロード歩きです。



IMG_9415_convert_20181112164504.jpg
このままロードで30分歩けば駐車場に戻れるんですが、もう一山登ります。



IMG_9418_convert_20181112164610.jpg
5山目の大段山966m。
ここだけ山頂からの展望がありません。

残りのパンケーキを頂いて、さあ後は下るだけです。

さすがに脚の疲労も溜まってきているので、下りこそ注意が必要です。
転倒や滑落が多いのは下りですから。




IMG_9424_convert_20181112164724.jpg
足元に気をつけながらも軽快に下ってきて、松や灌木の林を過ぎて杉の植林帯まで降りてきました。



IMG_9425_convert_20181112164817.jpg
いつものことですが、ひょっこりと道路が見えました。




IMG_9427_convert_20181112165036.jpg
道路に出ると、すぐそこに駐車場!
最後のロード歩きなしに終了は最高のコースです。

今日歩いたコースは、全く初めてのコースでしたが、最近使っているYAMAPというアプリと、そのアプリに投稿されていた情報のお蔭で道迷いなく楽しく歩けました。

下山は12時15分でした。

活動時間6時間58分
活動距離16.2km
累積標高上り1457m



IMG_9431_convert_20181112165121.jpg
車に戻って靴を履き替えたりしていて、ふと見上げると赤い実が!




IMG_9433_convert_20181112165218.jpg
よく見るとヤマボウシでは!?

蒜山で初めて見つけて、その後食べられる実だと知人に教えてもらった実でした。
つまんでみると、自然な甘さが口に広がります。
少し摘んで帰りましょう。




IMG_9438_convert_20181112165313.jpg
仕上げは温泉!

まほろばの湯でまったりしました。
久しぶりでしたが、昼間の温泉は空いていて、露天風呂も気持ち良かった!



本日も、お付き合いありがとうございました。





 | ホーム |  »

プロフィール

カヤックさかい

Author:カヤックさかい
シーカヤックガイドとケーナ奏者という二つの分野で活動しています。

FC2カウンター

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索